• Home 交通事故の被害に遭ったら

交通事故の被害に遭ったら

被害交通事故に遭ってしまうとパニックに陥ってしまいがちです。しかし交通事故の被害にあった場合適切な処置をとるかとらないかによって、その後の賠償などが大きく変わってくる可能性があります。事故を起こした場合賠償に関しては保険会社に問い合わせるというのが一般的な考えになっているかもしれません。もちろん交通事故の際に加入している保険会社に連絡することは大切なことですし正しいことです。ただし自分が交通事故の被害にあってる場合、賠償金を払うのは自分の保険会社ではなく相手の保険会社です。

では相手の保険会社に相談することによって適正な賠償を行ってもらえるのでしょうか。この点については疑ってかかった方が良いでしょう。なぜなら相手の保険会社はできる限り賠償金を少なくしようと思っているからです。保険会社といっても商売をしているので被害者に支払う賠償金をできるだけ少なくして利益を上げたいと思うのは企業としては当然のことです。

では交通事故にあった場合泣き寝入りしなければならないのでしょうか。そのように諦める必要はありません。一番のおすすめは弁護士に相談をすることです。弁護士は様々な判例に基づいた適正な賠償金の請求を行うことができます。また加害者が支払われる賠償金の金額に応じて弁護士報酬が変わってくることも多々ありますので、できる限り多くの賠償金を得ることができるよう動いてくれます。弁護士事務所によって報酬制度は変わりますが、多くの場合着手金は無料、報酬金は獲得した金額の10%程などと決まりがあります。また弁護士事務所によっては相手の保険会社が提示してきた賠償金よりも多く支払金額を決定できない場合、報酬はもらわないと言った決まりを設けているところもあります。