弁護士は唯一の味方

弁護士そもそも交通事故の被害にあった被害者側の味方は弁護士だけと言えます。なぜなら自分の保険会社は賠償金を支払ってくれるわけではありませんので、そこまで手厚いケアは期待することができません。賠償金を払ってくれるはずの相手の保険会社も出来る限り安く賠償金を済まそうと交渉してきますので、あまり交渉に慣れていない方や交通事故の賠償に関する知識がない場合、非常に安い賠償金で言いくるめられてしまう可能性もあります。

しかしながら弁護士は賠償金がどれだけ支払われるかによって自分たちの報酬も変わってきますので、被害者側と完全に利害が一致するといえます。ですから弁護士も少しでも多くの報酬を得られるよう様々な方法を用いて交渉に当たってくれるのです。さらに出来る限り早い段階で弁護士に相談することによってその後の交渉がスムーズになるような様々なアドバイスを与えてくれます。法律に関してあまり詳しくない場合煩雑な手続きに圧倒されてしまうこともあるでしょう。しかしその都度そのような手続きになれた弁護士が適切なアドバイスを行なってくれることにより、かなりのストレスを軽減することが期待できます。交通事故の被害に遭うだけでも相当なストレスですので、その後の手続きで余計な負担をかけないように弁護士には早めに相談しましょう。


弁護士に依頼するタイミング

弁護士を選ぶ際にはできるだけ早い時期に信頼できる弁護士に相談することが必要です。とは言え急いで依頼せずじっくりと弁護士を吟味しましょう。特に交通事故で被害にあっている場合怪我の治療が最優先です。怪我が一段落しても仕事や家族への対応などに追われてしまい弁護士に相談することがどうしても後回しになってしまうこともあるでしょう。弁護士に個人的なコネがあれば別ですが、そのようなコネがない場合には慌てて弁護士を探すことはやめましょう。信頼できる弁護士を探すためには、交通事故に特化した弁護士事務所を探すと良いかもしれません。

報酬制度また明日の弁護士事務所の報酬制度がどのようなものかを確認することによって、依頼することによって自分自身が損をするということがないかどうかを図ることもできます。また最近ではネットでも口コミなどでも弁護士事務所の評判などを確かめることはできますので、そのように積み上げてきた実績がどのようなものかということを確認するのも良い方法です。

もしも初めは自分で事故処理を行おうと思い弁護士に相談していなかったとしても、加害者側との話が平行線になってしまったり、納得がいかない展開になってきたとしたら早急に交通事故弁護士に相談しましょう。弁護士は交渉のプロですので弁護士が介入することによって事態が大きく変わることもあります。


交通事故の被害に遭ったら

被害交通事故に遭ってしまうとパニックに陥ってしまいがちです。しかし交通事故の被害にあった場合適切な処置をとるかとらないかによって、その後の賠償などが大きく変わってくる可能性があります。事故を起こした場合賠償に関しては保険会社に問い合わせるというのが一般的な考えになっているかもしれません。もちろん交通事故の際に加入している保険会社に連絡することは大切なことですし正しいことです。ただし自分が交通事故の被害にあってる場合、賠償金を払うのは自分の保険会社ではなく相手の保険会社です。

では相手の保険会社に相談することによって適正な賠償を行ってもらえるのでしょうか。この点については疑ってかかった方が良いでしょう。なぜなら相手の保険会社はできる限り賠償金を少なくしようと思っているからです。保険会社といっても商売をしているので被害者に支払う賠償金をできるだけ少なくして利益を上げたいと思うのは企業としては当然のことです。

では交通事故にあった場合泣き寝入りしなければならないのでしょうか。そのように諦める必要はありません。一番のおすすめは弁護士に相談をすることです。弁護士は様々な判例に基づいた適正な賠償金の請求を行うことができます。また加害者が支払われる賠償金の金額に応じて弁護士報酬が変わってくることも多々ありますので、できる限り多くの賠償金を得ることができるよう動いてくれます。弁護士事務所によって報酬制度は変わりますが、多くの場合着手金は無料、報酬金は獲得した金額の10%程などと決まりがあります。また弁護士事務所によっては相手の保険会社が提示してきた賠償金よりも多く支払金額を決定できない場合、報酬はもらわないと言った決まりを設けているところもあります。